Daisy Katsuraのページへようこそ。
このサイトでは、HTMLがどんなものか触れていきたいと思います。

まず、HTMLとは、ウェブページを公開するための、マークアップ言語であることを、頭の片隅に入れておいて下さい。
マークアップ言語とは、簡単に説明しますと、文章を構造化するための言語で、一見難しそうですが、「ここはなに?」、「ここはこう」など、人間であれば直感的に理解でる事柄を、タグや記号などでコンピュータに識別できるようにしたものです。

では、HTMLの書き方を見てみましょう。

<html>
<head>
<title>タイトル</title>
</head>
<body>
内容
</body>
</html>

わかりますか。
このわけのわからない文字の羅列がHTMLと呼ばれるもののうちの、基礎の部分で、全てのウェブサイトで使われています。
試しに、これをコピーペーストでテキストエディターに貼り付けて、test.htmという名前で、デスクトップに保存してみて下さい。
なにやらファイルができますが、今使っているブラウザが開いて、「内容」という単語が画面上に表示された思います。

え? マークアップ言語とプログラミング言語の違い?
はい、いい質問です。
プログラミング言語というのは、アプリやソフトウェアに使われる、難しい英単語がずらりと並んだ、わけのわからないコードの塊のことです。
プログラミング言語の一例を紹介しましょう。

open(FILE, "file.txt");
@file = <FILE>;
行いたい処理
close(FILE);

これは、Perlという言語で使われる、open関数というものです。
これを応用すると、レンタル掲示板のようなシステムが、自前で組めたりするわけです。
実際にopen関数を組んだのが、こちらです。

今回はここまでにして、次回はハイパーリンクや装飾について説明しようと思います。